スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 (PSO2)ようやくRa60達成
2013年07月31日 (水) | 編集 |
本業に設定したレンジャーがようやくLv60に。
RaHuの組み合わせでソロもPTもかなり強いものの、戦闘行動のパターンがワンパターン化しつつあって
そろそろ飽きつつあったので、なんとかレベルキャップ到達できてよかった。

次は何にしようかと思いつつ、HuをしようかFoかTeをしようか、というところ。
ひとまずスキルポイントクエストを目指してTeFoでクセのある構成でプレイを開始。


あと、せっかくなのでプレイ感覚チェンジのついでにイメチェンもした。
しばらくちょこちょこPSO2を進めるとしよう。


Before
pso20130725_071342_000.jpg



After
pso20130731_000318_008.jpg

pso20130731_000320_009.jpg


といっても、服と髪ぐらいだけど。
なんだかんだでだらだら遊べるのが悪くないな、PSO2。
スポンサーサイト
 ATH-A900のイヤーパッドを交換してみた
2013年07月30日 (火) | 編集 |
愛用しているオーディオテクニカのヘッドフォン、ATH-A900。
使い始めて結構経ったせいで標準装備のイヤーパッドがボロッボロになってきてたので、
もっとよさげなのを買ってつけてみた。

dsc_0320a.jpg

ATH-W1000用。
なんか一見ちゃんとついてるように見えるけど、
実はサイズが合わなくていくら頑張っても装着できなかったという…

ただ要するに、耳とドライバの間をふさぎつつクッションにもなればそれでよかろうということで
ドライバ開口部のまわりに潤沢にあったスペースを使って
備蓄しておいた瞬間接着剤で隙間がないように貼り付けるというごり押しの極みを実施。

装着感は非常に良く、肌にあたる部分の素材がそもそも違うので
新品のときよりもたぶん付け心地はいい感じ。
音については、前のイヤーパッドよりも厚みが控えめなので、耳とドライバの距離が狭まった。
その影響で、低音の強みが増した感じ。

実際には、音を鳴らす部分にはなんの変わりもないわけで、
ちょっと耳との距離が変わるだけでこんなに音が違うもんなんだなあ、と思いつつ。
 (艦これ)航空機開発日記3
2013年07月17日 (水) | 編集 |
7/17の開発ログ

司令部Lv62
秘書:赤城改
20/60/10/110

 2013年秋のゲームラッシュメモ
2013年07月16日 (火) | 編集 |
2013/09/26 ARMORED CORE VERDICT DAY PS3版
2013/10/12 ポケットモンスターX/Y どっちか
2013/10/31 BattleField4 PS3版
2013/11/07 メタルマックス4 月光のディーヴァ
2013/11/14 Call of Duty: Ghost PS3版、BF4が面白ければ買わないかも

だいぶ重なってるな…これはきつい。
もうちょい手前にいくつかずらしてくれればいいものを。
 (本)クレムリンの枢機卿/トム・クランシー
2013年07月16日 (火) | 編集 |
dsc_0315a.jpg
クランシーのライアンシリーズ、第3作目ぐらい。
時系列的には1作目の次か。
ソ連内部の超大物スパイを巡るお話。ちょっと切ない。

既読本だけど、詳細を忘れた頃に読み返すのがまたいいんだよな。
大筋は覚えてるけど、細かな点の話の進み方がいい。
ご都合度はやっぱりあるものの、旧作のほうが控えめなのも読みやすいところだ。
 (艦これ)航空機開発日記2
2013年07月16日 (火) | 編集 |
7/16の開発ログ

司令部Lv60
秘書:赤城改
20/60/10/110

 (艦これ)主砲開発メモ 10/300/250/10
2013年07月14日 (日) | 編集 |
艦隊コレクション 戦艦主砲検証 燃10/弾300/鋼250/ボ10 をみて試してみた。

 (艦これ)航空機開発メモ 20/60/10/110
2013年07月14日 (日) | 編集 |
チームYKRの艦隊コレクション 艦載機開発検証 燃30/弾60/鋼10/ボ110 を見てやってみた。
wikiを見ると燃料は20だったので、節約もこめて20でやった。
データはwikiにだいたい投稿済み。

 (本)ヘンゼルとグレーテル グリム童話集II
2013年07月11日 (木) | 編集 |
dsc_0307a.jpg

まま母(継母)嫌われすぎわろた。
まま母出演率約半分のうち、継母悪女率100%、天誅率100%、あと継母の連れ子のブサイク率100%。
連れ子はなんか親の仇かなにかなのかってぐらいの、とにかくメタクソな描写。
読んでてまたこのパターンかwwwってなった。

さてそれはおいといて。
基本的にはまじめにやってる子が報われますよ系の、童話と言うよりは民話みたいな感じ。
なんだかんだで、それなりに面白く読めた。
 ライアンの代価/トム・クランシー
2013年07月07日 (日) | 編集 |
dsc_0306a.jpg
ライアンシリーズ最新作。
原作ではもう次の作品が出ているようだ。次に読めるのは2年後ぐらいかな。

翻訳、序盤は前作と同じような気持ち悪い体言止めの嵐だったけど、
後半は特に気になる感じはなかった。

今までと比べると、やっぱり最近のライアンシリーズは結構いい加減というか、
ご都合度合いが強まってるなあという感触。
まあ確かに、話の規模を考えるとご都合通りに進めないと話が前に行かないから仕方がないとはいえ…

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。